HOME>トピックス>費用の内訳などをよく調べて最適な会社を選ぼう

どんな所に費用がかかるかを知ろう

女性

ビジネスやプライベート、様々なシーンに使えるレンタル携帯ですが、費用面が気になるという人もいるのではないでしょうか。一般的に、レンタル携帯の料金の内訳は、大まかにレンタル料・通話通信料・配達などの運送料に分けられます。まずレンタル料ですが、長期間借りた時のほうが相対的に料金が安くなるという所が多いようです。会社によって幅はありますが、一日当たり数百円~二千円程度が相場になっています。次に通話通信料ですが、定額の所と従量制の所があります。レンタル携帯の使用頻度に応じて、どこが一番お得になりそうか見極めましょう。運送料も地方によって差があったりするので、その点もよく確認しましょう。さらに、留守電サービスなどの必要なオプション料金の可能性も考えておく必要があります。

口コミはどんな点を見るべきか

レンタル携帯会社を選ぶ際に、費用面と同時に欠かせない確認ポイントが口コミになります。色々な口コミがありますが、その中でもカスタマー対応に関する口コミをまず見てみましょう。不慮の事故で破損してしまった際など、レンタルならではの困りごとは色々想定できます。そのようなときにカスタマー対応がよくなかったり、対応時間が短かったりすると安心して利用ができません。こうした事項はホームページなどの記載では確認しづらいので、必ず生の声を確認する必要があります。その他、使えるまでの流れなどについての記載があるものも確認すると契約がスムーズにできます。

広告募集中